素朴な疑問にお答えします ① 習字と書道って違うの? / 京都 / 習字教室 / 大人
スポンサーリンク

素朴な疑問にお答えします ①

習字と書道って違うの?

今さら聞けない「書」に関する疑問に、
分かりやすく解説していきます(´∀`)

「書道」「習字」「書写」よく一般的に聞くこの言葉。

どれも同じに思えますよね^ - ^

実は若干表す意味合いが違います。
難しいことを言うとややこしいので省きますが、

 

  • 「書道」・・・芸術要素のある文字を扱った自己表現。自己の鍛錬、作品制作を目的とするもの。
  • 「習字」・・・綺麗な文字の書き方を習うこと。
  • 「書写」・・・文字を書き写すこと。文字を正確に書くこと。

 

このように、「習字」と「書写」は、似ていますが、
「書道」はだいぶ意味が違いますね。

ただ、一般的にあまり違いが知られていないので、
「書道」も「習字」の様に使われていることがあります。

なので、普段耳にする分には、
特に細かく考えなくてもいいかもしれませんね♪( ´▽`)

注意が必要だとするなら、

本格的に書道をされている方に話をする場合、
「習字」と混同させない方がいいかもしれません(^_^;)

書道をやっている者からすると、
習字は別ジャンルのように考えている場合が多いので。

なので、書道をされている方に「書道何段を持っているんですか?」と聞くと、
色々違いすぎて困った顔をされるかもしれません💦

書家と言うのは、段を持っているかは関係がなく、
筆と墨、紙で文字を扱い表現をしている方アーティストと思うと良いでしょう(*^ω^*)

ちなみに、私のお習字教室では、
「書道」も「習字」もどちらも希望に合わせて習えます‼

びほう先生
皆さんのご興味に合わせて楽しく文字に触れあいましょう♫
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事